.

キャッシングサービスを使用するためには、利用する会社の審査を受け、そのサービスの審査に通る必要があるのです。

それでは、そうした審査基準では、使用する人のどの部分がジャッジされるのか。

お金の貸出しをする会社は審査の申し込みを申し受けると、まず初め、弊社の登録名簿に申込み登録者がもう登録されているかどうか、っていうことを調査します。

それから、信用情報機関等に連絡して、申込者の登録記録があるか確認します。

そして、申込者の年代や昔の利用履歴と、個人的な情報の要素などからも調べていくのです。

総合的にみて、キャッシングを許可するか否か、いくらくらいの額の貸出しを認めるかを判断します。

厳しい審査を通ることで、カードが作られ、キャッシングサービスを活用することができます。

キャッシングサービスを受けるための手続きには、手続き者の個人に関する情報といえるもの丸々見せるつもりで望まなければなりません。

自分のことはもちろん家族構成や、仕事や勤務先や、住み家の状況等も審査の項目に書く必要があります。

お金の貸出し会社の審査基準では、そういう項目のことを属性と呼ぶことがあります。

その中でも、とりわけ重視される属性があり、そこに問題が出てしまった場合は、審査を受かる可能性は低いです。

重要視される属性というのは、申込みをする人がいったいどんな人なのかジャッジすることができて、さらに確認がとれるものについては重視される傾向にあるようです。

重要視されるチェック項目の中でも、収入水準が把握できる属性も重要視されるようです。

月収は重要とされるだろうと考えるかもしれないのですが、現実、年の収入は自己で申告ができるものですので、月収自体立証が見れない限りは重視されるものでないのです。

でたらめな年収の報告も可能の為、裏付けがあるものより重要視することはないはずです。

職種の面では、特に「転職しない」ものであれば、プラスになります。

公職などがその最たる例で、それに次ぐ職業では安定率の高いビジネスマンなどです。

マイナスとなってしまう業種はその逆で、「安定しずらい職種」なはずです。

酔客を相手とする職業や、日雇い、個人事業主や、スポーツ選手なども、安定している職業だと判断されずらく、審査が通過しにくくなるようです。

その他にも、住み家の面では、自分の家であるか否かという点は間違いなく重要とされるはずですが、一緒に、居住年数も非常に重要視されます。

豪華な住宅を所持しているどうかというよりは、どんな家であっても長期間住んでいるほうが、審査そのもの自体はプラスです。

長い間住んでいることで、信用できるのではないかと評価されるのです。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.noshgenie.com All Rights Reserved.